2020年明けましておめでとうございます!

2020年明けましておめでとうございます!

井川ゆきこです。

 

2019年はどんな年でしたか?

去年は個人的に激動の年でしたが、特に年末は夫(院長)以外は胃腸炎にかかってしまい、何が何だかという状態での冬休み入りで、そして一年中、そんなようなバタバタした年でした。

 

世の中的には、

  • 改元
  • 政府統計の信頼性の低下(毎月勤労統計)
  • 千葉県野田市の小4女児虐待死
  • セブンイレブン24時間営業見直し
  • ブラックホール撮影成功
  • 東京池袋の高齢ドライバー暴走事故
  • 京都アニメーション放火
  • あおり運転事故
  • ラグビーW杯

等々が印象的な一年でした。

 » 2019年の日本 – Wikipedia

 

やっと2020年!

今年はもう少し、考えたこと・準備したことを実行まで持っていける年だと良いなと思います。

 

いい年になるよう、心から祈っております。

そして、そうなるよう、行動していきます。

 

オリンピックイヤーですね。

スポーツ観戦大好きな院長は、エンジョイすることと思います。

 

診療面は引き続き、入れ歯、インプラントや、最近益々力を入れている若い世代・子どもの矯正治療、そしてもちろん、日頃のお口のケア・メンテナンスについて、力を入れ、皆様に寄り添った診療がしてけるといいなと思います。

開業から五年過ぎましたので、診療をするための装置、ハードソフトいろいろも、手入れをしてきたいですね。できればサイトのリニューアルをかけたいのですが…。

 

そうだ!

歯科衛生士さん!

増員したいです。募集中。

どなたかいませんか~?

 

皆様にとって、すごく、良い年でありますように!!

 

ぜひイイネ👍シェア🔁してください✨ 井川歯科の井川ゆきこがお送りしました~♪


なぜブログを更新し続けることが大事なのか

なぜブログを更新し続けることが大事なのか

井川歯科の広報担当、井川ゆきこです。

広告の話とか、できれば私に持ってきて頂きたいところです。その方が決定が早いと思うので(と言いつつ、窓口を公開してないという。)。

 

さて、掲題の件。

ブルグ再開するする詐欺を繰り返してきた私ですが、改めてこの話を説明し申し上げたいと思います。なぜ、ブログは再開したほうが良いのか、更新し続けないといけないのか。

 

Read more


改元そして5周年!

改元そして5周年!

こんばんは!

お久しぶりでございます。井川ゆきこです。

改元!

改元!?!?!?!!!?

なんと、改元がありましたね。平成から令和へ。しかも退位によるもの。珍しい。とても珍しいタイミングです。

そして同じ日に、私ども井川歯科は、開業5周年を迎えることができました。

5年間、これまで真っ直ぐ平坦な道を歩いてきたかというと、実はそうではなく。 Read more


開業5周年を迎えました

開業5周年を迎えました

こんにちは、院長です

本日、令和元年5月1日、井川歯科は開院5周年を迎えました。

記念すべき改元の日に、密やかにですがこの日を迎えることができ、とても嬉しく思います。

5年前、福岡から伊万里へ移っての開業、右も左もわからない中のスタートでしたが、多くの方に支えられてここまで来ることができました。

Read more


あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

長らくブログをサボってしまい申し訳ありません

再開しなきゃとおもいつつ、一度滞ってしまうとそのままズルズルと、、ダメですねぇ

というわけで、新年に勝るキリのいい日はないとおもいまして、またブログ頑張っていきたいと思います!!

今年2019年は、5月1日に井川歯科は開院5周年を迎えます

Read more


今年もやります「鷹の祭典」

今年もやります「鷹の祭典」

皆さんこんにちは。院長です。

更新が滞ってもうしわけありませんが、今年も海の日にあわせて、やります!鷹の祭典!

というわけで、ソフトバンクホークスの鷹の祭典に合わせて、ホークスユニフォームで診療します。

それだけといえばそれだけですが、今週来院される方は、いつもと違う井川歯科をご覧ください!!

写真は後ほど、追記します。


小児の矯正治療もやってます

みなさんこんにちは。院長です。

井川歯科では矯正治療に関して、専門医に来てもらい治療をしておりますが、今までのメインは永久歯が生えそろった後の治療でした。

ですが、この度小児の矯正治療も積極的に行なっていくことにしました!

永久歯の矯正は歯ならびの為の矯正治療です。

矯正治療なんだから、歯ならびの為ってのは当たり前じゃないの?と思われるでしょう。

でもそれは、成長期が過ぎた後だから、歯を並べることしかできない。という意味でもありまして。

小児期の矯正治療は顎の骨を大きくする治療になります。

歯を並べるのではなく、歯が並ぶスペースを作る治療です。

歯に対して顎の小さなお子さんが増えている現実があります。それに対してはなるべく早めのアプローチが有効な場合もあります。

ということで、井川歯科でも小児期の矯正治療を積極的に取り入れていきます。

詳しくお知りになりたい方はお気軽にお問い合わせください。