井川歯科のこだわり、型取りの話

みなさんこんにちは、院長です。

だいたい木曜日朝の更新を担当してるんですが、、、、

振り返ると、トンテントン、ハロウイン、ラグビー、野球、ハーフマラソン、、、、、

歯科の話題が一つもない!!

特段歯科の話題がしたいわけでもないのですが、全くないのも如何なものかと思いまして、ちょっと歯科の話を。

みなさん歯医者で型取りしたとこありますか?

粘土みたいな材料で歯の型取りをするやつです。

あれを印象材といいます。

今日はその印象材の話。

あの粘土、粉と水を混ぜて作るんですが、分量に決まりがあります。

これが守られないと、変型の原因になり、よい詰め物、よい差し歯ができません。

IMG_3200.JPG

そこで、専用の計量スプーンがあるんですが、、、

IMG_3202.JPG

試しに8.0gを三回量ってみると、、、

7.9g、7.3g、8.4g

かなりのばらつきです。

というわけで、井川歯科ではスプーンには頼らず、電子はかりでキッチリ計量しています。

これは水も同じで、計量カップではなく、キッチリ量ってます。

さて、材料の準備ができたら、あとは練ります。

ここでも、

手で練るか

IMG_3209.JPG

機械で練るか

IMG_3207.JPG

となるわけですが、井川歯科では誰が練っても同じレベルで、綺麗に練ることができるように、機械にお願いしています。

練り上がりがこちら。

IMG_3210.JPG

IMG_3208.JPG

機械の方が滑らかですね。

そして、気泡が少ないこともいい型取りの条件です。

というわけで、二つの練り上がりを比べてみると

IMG_3211.JPG

IMG_3212.JPG

真剣に練ったのですが、手練りの方には気泡がチラホラ(もう少し少なく練れるつもりだったのですが、、、)

この気泡がまた変型の原因になってしまいます。

そのほかにも、湿度とか、時間とかいろいろとこだわりがあるのですが、それはまたいつか。

もしくは、興味のある方は直接聞いてください!

ふぅ、真面目な話は肩が凝りますね。

それではこの辺りで、失礼します。

LINEで送る
[`evernote` not found]