とある著名人の抜歯事例 抜歯後にオススメの食べもなんかもアドバイスしてくれています…!! (あのAKB→HKTの…!!)

ここ歯医者のブログだって覚えてましたか? 私は忘れていました。伊万里の歯医者、井川歯科の広報、井川ゆきこです。

 

Twitter大好きっ子のワタクシ、歯医者ネタやん!を見付けたので、喜び勇んで紹介したいと思います。というわけで、珍しく今回は、歯科医療ネタです!!

 

 

抜歯って怖いよね

私自身も、親知らずをたぶん三本ぐらい抜いた経験があります。一本は、大学生の頃で、生えかけていました。

むずがゆかったのですが、当時(今もだな)無精だった私が、面倒でしばらく放置していたら、かゆみも感じなくなり…。さすがに良くないかなと思い、彼ぴっぴ(後の院長)の強い勧めもあって、歯医者さんに向かったのですが。。

こわくても通院はお早めに!!

放置期間が長過ぎたらしく、麻酔が効く見込みがなく、NO麻酔で抜歯に臨む羽目になったのでした…

(((n;‘Д‘))

気になることは、早めに解決しないといけないですね!!

自然治癒とかしないですね!

その後もイマイチで、「なんせ米が埋まる!!」というのが、私の親知らずとの闘いの記憶です。そういえば今はもう、どっちの顎だったかも忘れたぐらいなんですが… 。

( ´艸`)

 

そういわけで、何でも早めの対処が肝心です。

でも、抜歯、コワイよね。

初めてだったりするなら尚の事、どうなるか分からないと不安ですよね。

…といわけで、ここは一つ、先輩の事例を拝見して、勇気を出していただきたいと思います!! ガチの著名人の方です。

 

著名人=指原莉乃氏

1992年11月21日生まれ、九州出身\(^o^)/(大分県)、AKB48 → HKT48。ニックネームは「さっしー」。

参考 >> PROFILE | 指原莉乃 オフィシャルサイト http://avex.jp/sashihararino/profile/

 

そう、あの「さっしー」サンです!!

当院にご来院いただいたわけではないのですが ←

抜歯ってどうなのか、特に抜歯後について、ご存知ない方、聞いてはいても驚かれる方が多いように思います。これは広くご紹介したほうが、我々がモニョモニョ言うよりも、ずっと皆さまの抜歯の決断のお役に立とうかと思いますので、紹介させて頂きたいと思います。公益に!! 資する!!!

というワケで、実際の模様。

一気に、4本!!!!!


お忙しい芸能人のこと、いっそ一気にやったほうが、影響が及ぶ期間を最小化できるという判断もあろうかと思います…。

抜歯の後は、腫れる場合がございます。


これはこれでカワエェやん?

さすがは芸能の世界に立つお方…。

そして、その2日後には…


もう元通り?のようにお見受けしますです。

5月5日に抜いて、3日目の5月7日には腫れてて、5日目の5月9日には元通り(のように見えます)と。個人差が大きいことですが(ちなみに私のときはそんなには腫れなかった…かな)、一つの例として、貴重な情報でございます。

そして、さっしーサンによる、貴重な情報は、ここで終わりません。

 

ファンを大事にする姿勢、見習いたいものです。

ファンからのリプ(Twitterの、あるツイートに対する返信)を受けて、具体的な対策まで!! 親切。。。

そこにセブンイレブンさんが機会を逃さず…


イチ広報担当者(へっぽこ)として、見習いたいものです。。。

さっしーサンは、さらに、ファンのリプに丁寧に具体的にお応えになっておられますであります!!

なるほどねー。

これは矯正の話としてツイートしていらっしゃるのですが、親知らず等の抜歯のときにも参考にできそうです。

これだけあがってれば、何かの時に「食べるものがナイ!」とならなくて済むのではないでしょうか。

 

いやあ、学びあり過ぎた。

 

学び (*´σー`)

今回学んだコト。

  1. 抜歯した後は腫れることがあります
  2. 広報宣伝活動は機敏に
  3. ファン大事に!! 丁寧に具体的に

 

ケースを公開して頂くのはありがたい

なかなかですね、歯科医療の実例、というと、学術書に出てそうな、バッキバキの実例(誰かのお口の大写し写真)か、一般の患者さまにお願いするか。一般の患者さまにお願いするのもなかなか大変… 公の場に公開することを同意して下さるかどうか(できれば氏名も添えたほうが説得力が増す)、写真が上手に撮れるか、などなど、実現が難しいことがありまして。

それでも、「具体的なイメージが湧かないために必要な治療もためらわれる」というケースは、何とか減らしたいわけでして。

思うに、恐怖心というのは、「知らない」事、見込みが立たないことから起きるのだと思うのですよね。

こうしたことは、とってもありがたいでござります。

 

ここで院長から

あくまで一般論ですが、上あごの親知らずと下あごの親知らずでは上あごの方が抜きやすいです。

え?これで終わり?って感じで拍子抜けすることもよくあります

抜歯後に痛みや腫れが出ることも少ないです。

抜歯を検討している方はまずは上からチャレンジ?してみてはどうでしょうか?

これに対して下あごの親知らずは抜くのが大変なことが多いですし、抜いた後も痛みや腫れが出ることが多いです。

おそらく指原さんの顔が腫れたのは下の親知らずを抜歯したからでしょう。

また解剖的に下の親知らずは主要な神経や血管に近いことが多く、注意が必要です。

これが親知らずの抜歯を大きな病院に紹介される大きな要因になっています。

 

当院ではCT撮影が出来るので、安全を確認しながら抜歯をすることができますので、口腔外科を紹介されたケースでも当院で抜歯可能なこともあります。(全てのケースに対応できるわけではありませんが)

当院で下あご親知らずを抜く場合、CT撮影から止血完了まで全部含めて一時間以内で終わることがほとんどです。

さて、下の親知らずを抜いた場合のリアルな状況は指原さんが紹介していますが、ぼくの体感としては腫れや痛みが出るのは6割程度でしょうか(腫れなかったらラッキーくらいに思いましょう)

なので、下の親知らずの抜歯は近いうちに大切な予定がない時がオススメです。

 

長くなりましたが、親知らずの抜歯を検討している方は一度歯医者さんを受診してくださいね!

 

★☆★以上院長より♪ ★☆★

 

地方のイチ歯医者ですが、さっし―サンに学び、セブンイレブンさんに学び、これからもファンをうむ経営を、意識して参りたいと思います!!

さっしーサン、「指原莉乃withアンリレ」名義で「意気地なしマスカレード」発売中だそうでございます! 九州出身♡ がんばれー!!

( ´Д`)ノ~

 

是非「いいね」ください♪ 励みになります!! 広報の井川ゆきこでした。

 

※ 記事中の指原莉乃氏のツイートは、Twitter(PCブラウザ版)の公式実装機能により、埋め込みしております。

LINEで送る
[`evernote` not found]