歯磨き粉選びで悩んだらご覧ください(1) 市販/歯科専用のハミガキ粉の人気ランキングと成分比較表

フト思い出したことがあるのです。

食品の原材料表示は、規制により量の多い順に書くことになっている、と勉強したことがあります。

※ 「「食品添加物以外の原材料」と「食品添加物」に分け、それぞれ重量割合の多い順に記載します。」(引用元

 

食べ物は使用量順に材料が書いてある。歯磨き粉はどうだろう??

わたくしサラリーマン時代は、法律関係のお仕事をしてました。商品の「表示」に関するルールを、それはもうコッテリと絞られつつ(涙)、勉強しました。その中で、食品や医薬品のこともチラッと参照したことがあったのです。

商品表示にはルールがある

医薬品も、化粧品も食品も、パッケージや中身そのものを見るだけでは、材料が分からないことがほとんどです。

見てわからないなら、書いてくれないと困ります。大事なことです。

なので、法令や業界団体の自主規制で、様々なルールが課せられているのです。歯磨き粉も含め、化粧品や医薬部外品にあたるものは、成分表示に関するルールがあります。

…てことは。

…てことは、よ。

歯磨き粉も表示を見れば、歯医者さんでなくともある程度正確にその商品を理解することができるんじゃないかい?…ということで…

歯磨き粉を真剣に選びたいアナタのために

調べてみました!

歯磨き粉(ハミガキ用ペースト)の成分!

その数、なんと19点。

歯科医院専用品、市販品両方調べてみました。

表にまとめてみたので、ご覧ください!

…と、その前に。

歯磨き粉って、どれが人気なの? 歯磨き粉ランキング

歯磨き粉の人気ランキングって見たことありますか?

私ははじめて見てみました。シェアしますね ヽ(´ー`)ノ

最新クチコミランキング

>> 歯磨き粉ランキング(最新口コミ情報) -@cosme(アットコスメ)- http://www.cosme.net/item/item_id/1104/ranking

 概要

最新のランキングは、ぜひ上のリンクからご確認くださいませ。

この記事では、ある時点(2015/2/13集計期間:2014/11/12~2015/2/11)の結果を以下に分析してみました ( ゚д゚)ノ

  1. スマイルコスメティック / ホワイトニングペースト トラブルケア
  2. アパガード / アパガードプレミオ
  3. シャボン玉石けん / シャボン玉せっけんハミガキ
  4. リベルタ / 口臭予防はみがき デンティス
  5. DENT. / 歯科用 Brilliant more スペアミント
  6. シティース / シティースホワイトEX エクストラミント
  7. arau.(アラウ) / アラウ せっけんハミガキ
  8. デンター / デンタークリアMAXライオン スペアミント
  9. ウエルテック / リペリオ
  10. スーパースマイル / スーパースマイル
さすがコスメサイトのランキングだけあって「美意識」に特化した商品が多い

ホワイトニング効果をうたう商品が多く目につきました。

次に、「無添加」的なワードが口コミで飛び交っていて、コダワリ派の方の投票が多くされていることがうかがえます(シャボン玉せっけんやアラウのせっけんはみがき)。

見逃せないのが本格歯科専用品のランクイン

個人的に、歯医者さん広報的に気になるのは、それ以外。本格的な歯科販売用ハミガキがランクインしているのも感心しました(デントのチェックアップや、ウエルテックのリペリオ)。

美容と健康は近いところにあると、よく思います。さすが、@コスメに集う皆さんは、よく調べて買ってるんですね~。

では成分リスト

すっごく超大作になってしまいましたので、PDFファイルでご覧ください。

toothpaste

  1. このPDFファイルの全体としての内容は、改変を加えない限りにおいて、複製・無償譲渡・無償貸与をすることを許諾します。院内勉強会用の資料や取扱商品検討のための参考資料としての利用を想定しています(こんなもので良ければ)。その他の用法については非許諾です(お問い合わせ下さい)。なおこの許諾にかかわらず、記載の各商号・商標・商品名、成分にかかる知的財産権はそれぞれの権利者に引き続き帰属します。
  2. 前項の範囲内の利用につき事前の問い合わせや事後の報告は不要ですが、このページへのリンクやSNSでのシェアをしていただけると喜びます。PDFファイルへの直接リンクや、別のサーバーへのアップロードはご遠慮ください。情報のシェアは、このページへのリンクでご対応ください。炎上や中傷目的でのシェアはご遠慮ください。
  3. 記載の成分の表記、順序は各商品の包装・容器に依拠しております。このため同じ成分でも異なる表記がされている場合があります(酸化Tiと酸化チタン等)。もっとも、正確な入力を心掛けておりますが、一人で作業し、無償配布を目的としているため正確性の保証はせず、責任は負担しかねます。

注目ポイント

謎のカタカナ語がひしめく歯磨き粉成分。

ですが、これだけの量を入力していると(さすがに)見えてくるものがあります。

意外と「特別な成分」「個性的な成分」の歯磨き粉は少ない

書き並べていると、「あ、この成分はこの歯磨き粉だけだなぁ」という商品はあんまり無いんです。意外。同一メーカーだと違う商品でもやっぱり「湿潤剤」は同じようなものを組み合わせて使ったり。別のメーカーでもそう個性的なのは見ませんでした。それでも…

ざっくり言うと、割とユニークなのは花王株式会社製品

最近、大竹しのぶさんが美声で歌い上げる「ディープクリーン♪」は個性的でした。成分のバリエーションの多さから、力の入れ具合が感じられます。また、各成分も、「茶」(茶エキス―1など)にフィーチャーしているところが光ります。顆粒を打ち出してきているのも、花王株式会社さんですね。

それ以外は、白さをアピールしている商品(アパガードやシルクホワイト)だと、いずれもハイドロキシアパタイトとパール(真珠)関連成分が入っているとか、歯周病対策だとばい菌やっつける系の成分が入っているのが特徴的でした。むし歯対策のフッ素(フッ化ナトリウムかモノフルオロリン酸ナトリウム)が入ってない、という製品はほとんど無いようです。

では、歯磨き粉なんてみな同じかというと、そんなハズはなく、特にフッ素なんかは濃度が非常に重要なんだそうです。その辺りはまた、追って。

キモチ良さを追求する「使用感型」か黙々と薬用成分を打ち出す「ストイック型」に分かれる

歯磨き粉というものは、だいたい二つに分けられるように思います。つまり、

  • 磨いている間、そしてそのあとの「キモチ良さ」を追求している「使用感型」
  • 慣れが必要かもしれないけれどそれ故にしっかり磨くことを意図した「ストイック型」

…の二種類です。

>> 使用感型は…

(ウエルテック / リペリオ。アパガード / アパガードMプラス、花王 / ピュオーラ、サンスター / Ora2やアース製薬 /アクアフレッシュなど市販品の多く)

ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)や研磨剤(清掃剤の一部が該当するようです)が多種類配合されているものです。市販の歯磨き粉にこのタイプが多い傾向にあります。

発泡剤や研磨剤の使用は意見が分かれていてるところです。

しかし院長いわく、研磨剤については、「今の物は昔のものほど成分が強くないので、(「歯が削れる」といったことに対して)それほど神経質になり過ぎる必要はない」とのことでした。

総じて、市販品はこの使用感型というべき商品が多いように思いました。何度も繰り返し買っていただきたいわけなので、使った感じのキモチ良さを追求するのは当然ですね。

もっとも、歯肉炎・歯周病予防を目指すと、歯肉の引き締め、収れんを狙うことが多く、その目的に沿うと使用感が上がるのが道理、ということになるらしい。したがって、歯周病予防目的を重視した製品は、使用感と機能性が一つのところに帰結する印象を持ちました。

>> ストイック型は…

(ウエルテック / リペリオ、DENT. / チェックアップ スタンダード、アパガード / アパガードリナメル)

ストイック型の極北は、たとえばウエルテックのジェルコートFだと思います。

発泡剤、研磨剤不使用!!

気分的な「ちゃんと磨いた」感を起こさせない一方で、高濃度のフッ素でむし歯予防効果を狙っています。

むし歯予防系にしろ、歯周病予防系にしろ、ホワイトニング系にしろ。ストイック型の製品は、うたっている効果・効能に寄与する成分を複数配合する一方で、それ以外の成分は控えめになっています。そして、価格は高め。歯医者さんで取り扱う製品、歯医者さんのブログでおススメの製品は、だいたいがこのストイック型に属するように思いました。

あなたの目的に合ったハミガキを選ぶことが一番

「それ言っちゃあおしめぇよう」ですが、自分の目的にあった歯磨き粉を選ぶのが一番です。

イロイロ調べてみましたが、「圧倒的勝者」というような歯磨き粉を見出すことはなかったからです。

「むし歯予防なら、〇〇か××。歯周病予防なら△△。知覚過敏が気になるなら□□…。」という風に、目的がハッキリすれば、ある程度絞ることはできると思います。目的がハッキリしてきたら、ぜひお近くの歯医者さんにご相談ください。歯科衛生士さん、歯科助手さん(受付)も、おススメの製品をお伝えすることができると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

絶対王者は存在しない。

群雄割拠の歯磨き粉界。

その中でも、ある程度、歯磨き粉の選び方の指針は見えてきたのではないかと思います。

  • 特にこだわらない。無難なヤツがいい。 ⇒ 市販品
  • 慣れた使用感より効果重視 ⇒ 歯科専用品↓
    • しっかり磨いてむし歯予防。 ⇒ 歯科専用品のむし歯予防系
    • ホワイトニングの効果を期待したい。 ⇒ 歯科専用品のホワイトニング系
    • 日ごろから歯周病予防。 ⇒ 歯科専用品の歯周病予防系

 

井川歯科ではこの製品を取り扱い&おススメしています!!

井川歯科では、DENT. 製品やウエルテック製品を多く取り扱っています。

  • 歯科専用品の虫歯予防系 ⇒ デントのチェックアップ、ウエルテックのジェルコートF
  • 歯科専用品のホワイトニング系 ⇒ シルクホワイト、アパガードリナメル
  • 歯科専用品の歯周病予防系 ⇒ ウエルテックのリペリオ、システマ歯ぐきプラス
  • その他の目的 ⇒ シュミテクト(知覚過敏)

個人的なイチオシは、ジェルコートF!!

研磨剤不使用にもかかわらず、磨いた後の歯のツルツル感が半端ナイです!※個人の感想です

もしくは、アパガードリナメル♪ しばらく使うと、歯の色味が明るくなってきた気がします。※個人の感想です

次回のこの企画は…

 次回のこの企画(更新日未定)は、もう少し、それぞれの成分の特徴や、各製品の特長を解説したいなあと思います。

オマケ ⇒ 医薬部外品の成分は量の多い順に書いてあるかどうかについて

化粧品と違って、歯磨き粉の多くが所属する「医薬部外品」という分類には、量の多い順に記載せよとのルールがないようです。したがって、成分表示を見ただけでは、ある成分がどの歯磨き粉に多く含まれているかまでは分かりませんでした。。。

 

 

参考サイトとひとことコメント

◼︎ 成分ごとの解説を参考にしたページ
◼︎ 各歯磨き粉を比較したページ

▲チェックアップが気になってきた。それとジーシーの洋梨味のやつ。

▲コンクールが気になってきた。そういえば範道がだいぶ前から家に持ち帰っている。あとスタッフルームでも見た。

◼︎ 成分表示のルールについて

▲懐かしいわぁ。薬事法。当時参考にしたページかは分からないけど。

▲コレコレ。こういうページ探してた。このノリ、懐かしい。

◼︎ 公正競争規約の拘束力をおさらい

▲そう、自主ルールなのである。

 

では、今回はこの辺で!! 井川歯科の裏方担当・いがわゆきこがお送りしました~♪

LINEで送る
[`evernote` not found]

One thought on “歯磨き粉選びで悩んだらご覧ください(1) 市販/歯科専用のハミガキ粉の人気ランキングと成分比較表

Comments are closed.